年越し蕎麦

日本のしきたり【年越し蕎麦】

大晦日に年越し蕎麦を食べるのは

蕎麦は切れやすい為
年内に全ての災厄を断ち切る という意味と

生地を延してから細く長く打つ蕎麦は
長寿延命につながる食べもの という
二つの意味合いを持ち

日本の文化であり風習です

諸説によると
年越し蕎麦を年を越してから
食べるのは縁起がよくないとか

年越しの蕎麦を食べ残したりすると
新年は金銭に恵まれないで
小遣いにも困るなんていう

節目を大切にする 日本人らしい
いい伝えもあります

大晦日の年越し蕎麦は梵蔵へどうぞ

大晦日は16:00まで営業しております

災厄を断ち切り
来年に向け細く長く長寿延命の願いを
心込めて打たせて頂きます

皆様、良いお年を迎えてください

蔵主

Bonzo-Kamakura soba restaurant

鎌倉 材木座にある小さな蕎麦屋です Award one star from Michelin for 3 years in a row.

0コメント

  • 1000 / 1000